茨城県稲敷郡河内町立みずほ小学校
トップページ 新着情報 学校紹介 年間行事・活動紹介 学校だより
トップページ > 学校紹介
学校紹介
学校長あいさつ

  昨年度19名の子どもたちが卒業し、今年度22名の新入生を4月7日に迎え入れ、全児童数121名でのスタートとなりました。児童生徒数の減少は全国的な傾向と言えるようですが本校も同じ傾向にあると感じます。よく「子どもは地域の宝」という言葉を耳にしますが、毎朝の子ども見守り隊の方々による登下校指導や未来の会(子育てを終えたシニア世代)の方々による除草作業や花壇の手入れ、毎月1回お話しでんでんの方々による読み聞かせ等学校への各種支援活動にも地域の子どもたちに対する熱い眼差しを感じます。
 地域の方々のそのような熱い思いを受け、やがてみずほ小学校を卒業し、社会人として巣立っていった子供たちが、たとえ故郷を離れても、みずほ小学校で過ごした様々な思い出を胸に、またいつかあの故郷で暮らしたいと思えるような楽しい体験や思い出を一つでも多くつくってあげたいという思いから、今年度目指す児童像を昨年度より1つ増やして「やさしい子・かしこい子・たくましい子・かがやく子」としました。子供たちが取り組む学習や運動また様々な体験や努力を認め励まし、一人一人が個性を発揮し、学級の中でキラリとかがやきを放つ児童の育成に努めていきたいと考えますので保護者や地域の皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

  河内町立みずほ小学校長 森永 和幸  
本校教育目標
よく学び 心豊かで たくましい子の育成

めざす児童像 めざす学校像 めざす教師像
○よく学ぶ子
○心豊かな子
○たくましい子
○かがやく子
○学びのある学校
○きれいな学校
○あったかい学校
○情熱あふれる教師
○健康で明るい教師
○実践力と指導力のある教師
○自らを高めようとする教師

本年度の経営方針(努力目標)
基本理念:「確かな学力の習得と自主性、自立性の育成」
教職員のキーワード「チームみずほ
児童のキーワード「自分から
○自ら学ぶ意欲と学習習慣を確立し、学力の向上に努めます。
○感謝と思いやりの心ををち、あいさつや返事のできる児童の育成に努めます。
○学校生活の安全を確保し、健康や体力の向上に努めます。
○保護者や地域、関係機関等との交流・連携を深め、地域に信頼される学校づくりに努めます。
○教職員の資質・能力を高める研修を推進します。
 
組織目標
1.学級経営の充実と児童の実態に応じた事業展開の工夫により学力を向上させる。
2.思いやりの心にあふれ、明るく元気な児童を育てる。
 
具体的施策
かしこさプラン
(よく学ぶ子)
やさしさプラン
(心豊かな子)
たくましさプラン
(たくましい子) 
・基礎、基本の的学習内容定着
・学習意欲と習慣の確立
・指導方法の工夫と改良
・校内研修の推進
・基本的な生活習慣の確立
・学年学級経営の充実
・道徳教育・特別活動の充実
・体験活動の充実
・健康教育と食育の推進
・体力つくりの工夫と実践
・安全教育の推進
・危機管理体制の整備
・命の教育の推進

特別支援教育の充実
○特別支援教育コーディネーターを中心とした支援の充実
○個別の指導計画と評価の工夫
○関係機関、保護者との連携
 
保護者・地域に信頼される学校づくり(地域の人・もの・ことと連携した教育活動)
【開かれた学校への推進】
○学校評議員、民生児童委員との連携
○授業や学校行事等の積極的な公開
○学校だよりの地域回覧、ホームページでの公開
○学校評価の実施と分析結果の公表(年2回)
○学校関係者評価委員会の実施(自己評価の結果としての評価)
○認定こども園、中学校との連携・協力

【地域人材の積極的活用】
○未来の会による環境設備、学習支援
○お話でんでんによる「読み聞かせ」実施
○子ども見守り隊による登下校の安全確保と地域パトロール
○かわち学びすとによる絵手紙等の体験活動の実施
交通アクセス
河内町立みずほ小学校

このページの先頭へ
ページの拡大・縮小が出来ます
拡大 標準 縮小
グランドデザイン
河内町教育委員会
河内町立みずほ小学校

河内町立みずほ小学校

〒300-1324 茨城県稲敷郡河内町源清田1942
TEL:0297-84-2008 FAX:0297-84-2077