河内町教育委員会
拡大 標準 縮小
 
ホーム 学校教育 生涯学習 ブログ リンク

ホーム > 情報 > 学校統合進捗

情報

学校統合準備委員会からの経過報告について

 学校統合準備委員会では、6月から10月までの間に会議を9回開催し、今後も月2回位のペースで開催して行く予定です。協議している事項について、検討の状況を経過報告としてお知らせいたします。
※現時点での検討状況のお知らせですので、決定したものの報告ではありません。
平成27年10月末時点での経過報告

制服に関するアンケートを実施しました。(集計結果報告)

 学校統合準備委員会では、制服のデザインや着用時期について、児童生徒及びその保護者を対象にアンケートを実施しましたので、その結果を報告いたします。
アンケート内容  アンケート結果
制服に関するアンケート アンケート集計結果報告書

学校統合準備委員会の進捗状況

 7月15日と同28日に、第2回、第3回準備委員会が開催され、下記のようなことが話し合われました。

◆専門部会の設置について

 準備委員会では、多岐に渡る協議事項に対し、十分に協議・検討して意見を集約するために、3つの専門部会を設置することにしました。各委員は、総務部会、保護者地域部会、学校運営部会に分かれ、今後、協議・検討を重ねてまいります。各部会で検討する項目は、相当数あるため、主な検討事項について、下表にまとめてみました。
部会名 主な検討事項
総務部会 1.学制について
2.学校名、校章、校歌等について
3.制服、体操服、上履き等について
4.閉校式、開校式、校史について
5.学校間及び地域との交流事業について
6.「かわち科」の創設について
保護者地域部会 1.PTA組織、会則等のPTA関係について
2.通学路の設定、通学方法、登校班について
3.スクールバスの運行計画について
4.コミュニティ・スクールについて
5.通学安全対策等について
学校運営部会 1.教育課程(教科担任制等)について
2.日課表・時間割について
3.学校経営目標・教育目標等について
4.児童会・生徒会組織について

5.クラブ活動、部活動について
6.学校行事について
※各部会が受け持つ検討事項は、今後、変更することも考えられます。

●運営方法と今後の予定について

 準備委員会としては、各専門部会で8月中にある程度の目安を作り、その後、年内を目途に具体的な取り組みを行い、平成28年7月頃までに、各検討事項の方向付けが出来ればと考えております。
 様々な検討事項を決めていく中で、今後、PTA関係各位や地域の皆様には、各専門部会からご意見を伺うこともあると思います。その際には、忌たんのないご意見をよろしくお願いいたします。

河内町立学校統合準備委員会の発足しました!

 平成29年度統合中学校、翌30年度統合小学校開校を目指し「河内町立学校統合準備委員会」が平成27年6月29日にスタートしました。河内町の子ども達が「安心で安全に学校生活を送ることができる学校環境」の構築を目指し準備してまいります。今後、その進捗状況等について、随時「広報かわち」や、このページ等でお知らせしてまいります。
 

●準備委員会とは?

 学校統合によって、それぞれの学校の持つ伝統や文化を受け止め、その良さを継承・発展するための教育を充実させる必要があります。そのためには、学校の教育方針から制服のデザインのような、学校の中身に関すること1つ1つを、様々な角度から検討し、決定していくことが準備委員会の最大の役割と言えます。委員は、学校教育に関して学識経験を有する者、統合関係学校の教職員代表、統合関係学校の保護者代表、教育委員、教育委員会が必要と認める者、参与及び顧問の32名で構成され、委員長に青野將氏、副委員長に沼嵜雄一氏が選出されました。

●第1回目の準備委員会はどのような内容でしたか?

 はじめに、教育長から河内町の目指す小中一貫教育について、つづいて、参与の雜賀町長、顧問の藤島博文先生(日本画家)からも、これからの学校教育についてのお話をいただきました。その後、議事として、正副委員長の選出や今後の運営方法についてなど協議しました。
 
 ※小中一貫教育については、平成29年度は分離型、翌30年度からは一体型で実施する計画です。また、新校舎の建設は、河内町議会の理解もあり、建築予算を確保することができ、現在、建設工事の発注に向け、準備を急ピッチで進めているところです。

学校統合に関するアンケートの集計結果について(9月11日現在)

 河内町学校統合基本計画(案)について、皆様のご意見等を伺うため、アンケートを実施いたしました。
 アンケートにご協力いただきありがとうございました。

 ・アンケート用紙(PDFファイル160KB)
 ・アンケート添付資料(PDFファイル300KB)
 ・アンケート集計結果
 ・アンケート主な記述内容

 記述の内容については、新設の賛成反対をはじめ、統合の時期・方法、財政を心配するご意見、スクールバスなど通学に関すること、閉校した学校の利用について、教育全般についてなど、たくさんのご意見やご要望をいただきました。
 アンケートにご協力いただいた皆様の貴重なご意見等を参考にさせていただきたいと思います。

河内町学校統合基本計画(案)に関する説明会を開催いたしました。

 学校統合基本計画(案)の内容についてご説明させていたく場として、下記のとおり説明会を開催いたしました。

通 学 区

開 催 日

開催時刻

場  所

生板小通学区

7月1日(火)

午後7:30〜

生板小体育館

みずほ小通学区

7月2日(水)

午後7:30〜

中央公民館

金江津小通学区

7月3日(木)

午後7:30〜

金江津小体育館

 

河内町学校統合基本計画(案)を作成いたしました。

  学校統合有識者会議から答申された内容を基に、河内町学校統合基本計画(案)を作成いたしました。
 この計画(案)を基に説明会を開催させて頂きます。

  ◎河内町学校統合基本計画(案) (PDFファイル1.4MB)

河内町学校統合有識者会議から答申がありました。

  町長の学校統合に関する諮問機関である河内町学校統合有識者会議において、次代を担う子どもたちの学校教育のあり方を視野に入れ、町の将来を見据えた学校統合の基本的な考え方について、結果がまとまり町長に答申がなされました。
 今後、町ではその答申内容を踏まえ、関係各部署と協議検討のうえ統合計画を作成し、説明会等を行って皆様のご理解ご協力を得られるような学校統合を推進してまいります。

 

●河内町学校統合有識者会議開催日程及び協議事項

開 催 日   内    容
第1回
平成25年12月15日
・要綱について
・正副委員長の選出について
・今後の日程について
・学校の統合について
第2回
平成26年1月15日
・中学校の統合について
第3回
平成26年1月29日
・小学校の統合について
第4回
平成26年2月13日
・答申(案)について
※同日付けで河内町長に答申書が提出されました。

答申の主な内容

 学校統合の基本的な考え方については、町のほぼ中央に位置する「かわち水と緑のふれあい公園」敷地に、小中一貫校を見据えた学校の新設を検討されたい。 
中学校の統合について   統合の方法 河内中学校、金江津中学校両校を閉校し、 統合新設校を設立する。
統合校の位置 かわち水と緑のふれあい公園が望ましい。
統合時期 平成29年4月を目標とされたい。
 小学校の統合について   統合の方法 生板小学校、みずほ小学校、金江津小学校の3校をを閉校し、統合新設校を設立する。
統合校の位置 中学校と併設し、かわち水と緑のふれあい公園とされたい。
統合時期 財政状況を考慮した上で早い時期とされたい。

 参考データ

 ●児童生徒数推移(平成26年5月1日現在)

生板小学校

みずほ小学校

金江津小学校

河内中学校

金江津中学校

平成10年度

210(7)

311(10)

322(12)

239(7)

158(6)

平成15年度

187(6)

250(10)

237(7)

272(9)

142(6)

平成20年度

175(6)

206(6)

186(6)

228(7)

122(5)

平成25年度

143(6)

145(6)

114(6)

183(6)

89(3)

平成32年度

67(6)

105(6)

103(6)

116(4)

44(3)

 ※1 ( )内はクラス数
 ※2 平成10年度から平成20年度のみずほ小学校は、旧源清田小と長竿小の人数を合わせたもの

 ●平成32年度児童生徒見込み数(学年別)

1年生

2年生

3年生

4年生

5年生

6年生

生板小

8(1)

8(1)

14(1)

12(1)

16(1)

9(1)

みずほ小

22(1)

10(1)

18(1)

20(1)

17(1)

18(1)

金江津小

20(1)

7(1)

17(1)

21(1)

16(1)

22(1)

河内中

33(2)

46(2)

37(1)

 

金江津中

20(1)

13(1)

11(1)

 

 ※( )内はクラス数
 


Copyright © 2011 Kawachi Town the board of education. All rights reserved.
お問い合わせ 個人情報保護に関して